BKKスポーツオンラインはバンコクおよびタイのサッカーをはじめとするスポーツ関連情報を日本でお届けします。

  1. サッカー

タイU-21代表に日本人監督就任の可能性!?

タイサッカー協会が進めているタイU-21代表監督選考の最新状況が現地メディアに報じられた。10月18日付のサイアムスポーツ(電子版)はサッカー協会のソムヨット会長の言葉として、候補者はタイリーグ、チェンライユナイテッドのアレシャンドレ・ガマ監督と、もう一人の日本人候補者の2名に絞られていると報道した。ソムヨット会長は日本人候補者の詳細については明かしていない。29日に両者と面談した上で新監督を発表するという。

U-21代表には今後2つの大きな舞台が待ち受けている。まずは、来年11月30日から12月10日までフィリピンで開かれるSEA Games(東南アジア競技大会)。タイは現在、3連覇中だ。そして、2020年1月8日から26日までタイで開催されるAFC U-23選手権。上位3カ国(日本を除く)が東京オリンピックへの出場権を獲得する。

タイは今年、中国で行われたAFC U-23選手権で北朝鮮に0対1、日本に0対1、パレスチナには1対5で敗れてグループリーグ敗退。前年に就任したゾラン・ヤンコビッチ監督を解任した。インドネシアで行われたアジア大会でも、カタールに1対1、バングラデシュに1対1、ウズベキスタンには0対1で負け、24年ぶりとなるグループリーグ敗退となり、やはりウォラウット・シリマカ監督を解任している。今回、再び外国人監督の下での巻き返しが期待される。

 

 

 

 

 

サッカーの最近記事

  1. ムアントンユナイテッド指揮官に尹晶煥前セレッソ監督が就任か!?

  2. タイリーグ3部シモークFCに協会が資格停止処分

  3. AFC U-23選手権予選、タイはベトナムに完敗

  4. タイ、ウルグアイに敗れチャイナカップを準優勝で終える

  5. チャイナカップに臨むタイ代表23名が決定

関連記事

PAGE TOP