BKKスポーツオンラインはバンコクおよびタイのサッカーをはじめとするスポーツ関連情報を日本でお届けします。

  1. その他

タイ初のモトGPに20万人が来場、次回日程も決定

ブリーラム県のチャーン国際サーキットで10月5日から7日までロードレース世界選手権、モトGPが開催された。10月26日、タイの観光スポーツ省で会議が開かれ、今後の課題やイベントの効果などが話し合われた。

タイ初の開催となった同レースの3日間の入場者数は22万2,535人、特に最終日の7日は10万245人が来場した。26日付のサイアムスポーツ(電子版)によると、運営上の改善点としては観客席に残されたゴミや駐車場スペース、イスラム教徒向けの礼拝所やハラル食品、会場内のインターネット環境などがあがったという。

スポーツ庁のゴーンサック長官によると、モトGPによる国内外メディアへの露出を広告換算すると9億バーツにのぼるという。モトGPとの契約は3年となっており、来年は10月4日から6日まで同会場で開催される。

【大会の模様】

その他の最近記事

  1. 電通Xタイランド、タイeスポーツ連盟のマーケティングパートナーに

  2. タイ初のモトGPに20万人が来場、次回日程も決定

関連記事

PAGE TOP