BKKスポーツオンラインはバンコクおよびタイのサッカーをはじめとするスポーツ関連情報を日本でお届けします。

  1. サッカー

ブリーラムユナイテッド、ACLで浦和レッズと同組に、細貝は古巣とアジアの舞台で対戦

12月9日、日本の天皇杯全日本サッカー選手権大会の決勝が行われ、浦和レッズが1対0でベガルタ仙台に勝利し、12大会ぶり7度目(三菱重工時代含む)の優勝を果たした。

この結果により、来年のAFCチャンピオンズリーグでタイのブリーラムユナイテッドは浦和レッズとグループGで対戦することになった。既に元日本代表のMF細貝萌がブリーラムユナイテッドに加入することが柏レイソルから発表されており、細貝は古巣とアジアの舞台で対戦することになった。

グループGには、ブリーラムユナイテッド、浦和レッズのほか、韓国の全北現代、中国の北京国安が入っている。ブリーラムユナイテッドの日程は以下の通り。

3月6日 浦和レッズ対ブリーラムユナイテッド

3月13日 ブリーラムユナイテッド対全北現代

4月9日 ブリーラムユナイテッド対北京国安

4月24日 北京国安対ブリーラムユナイテッド

5月7日 ブリーラムユナイテッド対浦和レッズ

5月21日 全北現代対ブリーラムユナイテッド

タイリーグ1部(T1)は既に2月22日に開幕することが発表されている。ブリーラムユナイテッドは昨年、ベスト16で惜しくも全北現代の前に敗退した。タイ代表のササラック、スパチャイら若手が頭角を現しつつある中で、アジアの強豪たちとどこまで渡り合えるか楽しみだ。

サッカーの最近記事

  1. ムアントンユナイテッド指揮官に尹晶煥前セレッソ監督が就任か!?

  2. タイリーグ3部シモークFCに協会が資格停止処分

  3. AFC U-23選手権予選、タイはベトナムに完敗

  4. タイ、ウルグアイに敗れチャイナカップを準優勝で終える

  5. チャイナカップに臨むタイ代表23名が決定

関連記事

PAGE TOP