BKKスポーツオンラインはバンコクおよびタイのサッカーをはじめとするスポーツ関連情報を日本でお届けします。

  1. サッカー

ブリーラムユナイテッドのFWジオゴがマレーシア移籍、後釜は元ウエストハムFWか

1月3日、マレーシアスーパーリーグの強豪ジョホール・ダルル・タクジムが、ブリーラムユナイテッドからブラジル人FWジオゴ・ルイス・サントの獲得を発表した。年末にブリーラムで毎年行われているカウントダウンイベントに姿を現さず、移籍の噂が立ち始めて数日。ジオゴはマレーシアへと活躍の場を移した。

ジオゴは2015年から4シーズン在籍。高さ、テクニック、スピードを兼ね備えた万能型のアタッカーとして2015年、2018年とリーグ得点王を2度獲得するなど、 タイリーグで一時代を築き上げた 。得点力だけでなく、中盤に下がって攻撃の組立にも積極的に参加。AFCチャンピオンズリーグの試合でケガをして長期離脱した2016年、ブリーラムはリーグ優勝を逃したばかりでなく、4位で終えてACLプレーオフ圏内にも届かなかった。それほど、チームでの存在感は大きかった。


ブリーラムはタイ代表のFWスパチャイ・ジャイデッドやU-19代表でも活躍したFWスパナット・ムエンタ、FWスパチョーク・サーラチャートらタイ人の若手が力をつけてきているが、外国人FWの補強は避けられないだろう。 タイのSMM SPORTはジオゴの後釜として元ウェストハムユナイテッドのマリ人FWモディボ・マイガの名前を補強候補にあげているが、ブリーラムはまだ公式発表していない。

ジョホールは今年、AFCチャンピオンズリーグへのストレートインを果たし、韓国の慶南FC、プレーオフ枠2つと同組のグループEになっている。アジアの舞台へ向け、力強い補強になったことは間違いないだろう。ブリーラムは日本の浦和レッズ、韓国の全北現代、中国の北京国安と同じグループGに入っている。

サッカーの最近記事

  1. ムアントンユナイテッド指揮官に尹晶煥前セレッソ監督が就任か!?

  2. タイリーグ3部シモークFCに協会が資格停止処分

  3. AFC U-23選手権予選、タイはベトナムに完敗

  4. タイ、ウルグアイに敗れチャイナカップを準優勝で終える

  5. チャイナカップに臨むタイ代表23名が決定

関連記事

PAGE TOP