BKKスポーツオンラインはバンコクおよびタイのサッカーをはじめとするスポーツ関連情報を日本でお届けします。

  1. サッカー

いざACL本戦へ、チェンライユナイテッドがプレーオフでサンフレッチェ広島と激突

積極補強は鳴りを潜めるも、プレシーズンは好調を維持

2月12日に行われたAFCチャンピオンズリーグのプレーオフで、タイのFAカップ昨季覇者チェンライユナイテッドは、ミャンマーリーグ王者ヤンゴンユナイテッドを3対1で破り、同19日に行われるサンフレッチェ広島との試合に駒を進めた。

チェンライユナイテッドはその名の通り、隣国のミャンマーやラオスと国境を接するタイ最北の県、チェンライ県を本拠地とするチーム。昨シーズンはリーグ戦を5位で終えたものの、リーグカップに加えFAカップを制覇し、ACLプレーオフに進出した。

ただ、昨年守備の要として活躍したタイ代表GKのチャトチャイ・ブットプロムはBGパトゥムユナイテッド、ブラジル人CBのヴィクトル・カルドソはPTTラヨーンにそれぞれ移籍。代わりにブラジル人DFのブリナー・ヘンリケをウボンユナイテッドから獲得したものの、前線のブラジル人アタッカー、ビル(ロシマール・アマンシオ)とウィリアム・ヘンリケ、さらに韓国人MFイ・ヨンネは残留と、シーズンオフは積極的に補強に動かなかった。言い換えれば、選手の入れ替えがそれほど起きていない。

プレシーズンでは好調を維持している。タイのほかベトナム、カンボジア、シンガポール、ラオスのチームも参加したリオプレシーズンカップ2019では優勝を果たした。4バックで臨んだブリーラムユナイテッドとのタイランドチャンピオンズカップは3対1と逆転負けを喫し、 さらにヤンゴンユナイテッドとの試合前日に昨年末からチームを率いていたホセ・アラベス・ボージス監督の解任を突如発表したが、プレーオフを勝利して広島への挑戦権を手にした。

リオプレシーズンカップでは3バックを敷き、キープ力のあるビルのポストプレーから、10番を背負う左利きのシワコーン・ティアタラクン、イ・ヨンネら2列目または スピードのあるチャイヤワット・ブーラーンらサイドへの展開が冴えた。シワコーン、チャイヤワット共にスピードはあるが、中でもウィリアムのスピードは抜きん出ており、広島も注意が必要だろう。

また、チャトチャイが抜けたGKも、背番号1を背負うサラノーン・アヌインはアジアカップの代表に選ばれており、能力は高い。ただ、ヤンゴン戦に先発出場したエカニット・パンヤーはチェンマイFCへの期限付き移籍がその後発表され、チームを離れている。右サイドバックを務める元タイ代表のピヤポン・パーニチャクンも怪我で戦列を離脱している。

創設時からチームを率いているオーナーのミティ・ティヤパイラット氏は今回のプレーオフを機に退き、妹のパウィサラット氏に役職を譲ることになっている。ミティ氏は3月24日に予定されているタイの総選挙にタイラクサーチャート党(タイ国家維持党)から立候補するためだ。タクシン派ともされる同党は先日、故プーミポン前国王の長女、ウボンラット王女を首相候補として選挙管理委員会に提出してタイ国内に衝撃を与えたが、ワチラロンコン国王が「不適切」とする声明を発表。 外国人と結婚(その後離婚)して王籍を離脱したものの、 王族の政治関与を許さなかった形だ。 その後、選挙管理委員会も首相候補として認めなかった。そして選挙管理委員会はタイの憲法裁判所に同党の解党を求め、現在憲法裁判所の判断を待っている状態だ。ミティ氏の政界入りも不透明な状況になっている。

チェンライユナイテッドはかつてタナブン・ケーサーラット(BGパトゥムユナイテッド)、ティティパン・プアンジャン(大分トリニータ)らタイ代表クラスを相次いで獲得した時期もあったが、最近は大型補強が見られない。きっかけとされるのが、昨年起きたある事件だ。昨年1月、タイの当局がバンコクのあるマッサージパーラーを捜索し、人身売買などの容疑で逮捕者が出た。その店の実質上のオーナーとされるガムポン・ウィラテープスポンにも逮捕状が出た。マッサージパーラーがどういう形態の業種かは各自で調べてもらいたいが、そのガムポンが大株主を務めていたのがタイの企業AQUAで、 チェンライユナイテッドのスポンサーでもあった。 ガムポンは補強にも大きな影響力を持っていたとされる。 さらにガムポンの息子もチェンライユナイテッドのフロントで働いていたが、事件後、ガムポンらと共に姿を消している。

話はそれたが、シワコーン、チャイヤワットのほかにも、DFシンナパット・リーオ、MFピティワット・スクジットタンマクンも年代別の代表経験者であり、個々の素質は高いものがある。地力での広島の優位は動かないが、サプライズが起きる可能性も少なくはない。

 

サッカーの最近記事

  1. ムアントンユナイテッド指揮官に尹晶煥前セレッソ監督が就任か!?

  2. タイリーグ3部シモークFCに協会が資格停止処分

  3. AFC U-23選手権予選、タイはベトナムに完敗

  4. タイ、ウルグアイに敗れチャイナカップを準優勝で終える

  5. チャイナカップに臨むタイ代表23名が決定

関連記事

PAGE TOP