BKKスポーツオンラインはバンコクおよびタイのサッカーをはじめとするスポーツ関連情報を日本でお届けします。

  1. サッカー

ACLアウェイ浦和戦、ブリーラムはタイ人選手主体の先発か!?

ブリーラムユナイテッドは3月6日、AFCチャンピオンズリーグの初戦で浦和レッズとアウェイで対戦する。

ブリーラムは昨年に引き続きベスト16進出を狙いたいところだが、チームの調子は今一つだ。昨年のFAカップ覇者チェンライユナイテッドとのタイランドチャンピオンズカップは3対1で逆転勝利したものの、リーグ戦は2試合連続引き分けと、まだエンジンは掛かっていない。チョンブリとの開幕戦はDFのミスから失点し、一時は勝ち越しに成功するも、一人少なくなった(最終的に二人少なくなった)相手に同点弾を浴び、引き分けに持ち込まれた。第2節スパンブリー戦は最後まで相手の守備をこじ開けることができず、スコアレスドローに終わっている。

大きいのはシーズンオフにFWジオゴ・ルイス・サントが マレーシアのジョホール・ダルル・タクジムに移籍したことだろう。その後、鹿島アントラーズ、ヴィッセル神戸などでもプレーしたブラジル人FWペドロ・ジュニオール、元ウェストハムユナイテッドのFWモディボ・マイガを獲得しているが、高さ、速さ、テクニックを兼ね備え、2015年からチームの攻撃の核を担ってきたジオゴが抜けた影響は大きいとみられる。

その中で、近年力をつけてきたタイ人の若手アタッカーたちの奮闘が期待される。アジアカップでも活躍した20歳のFWスパチャイ・ジャイデッドは一見細身に見えるがポストプレーに強く、足元の技術も高い、将来が楽しみな選手の一人だ。23歳のMFササラック・ハイプラコーンは積極的な攻撃参加を見せる右サイドバック。カットインからの左足ミドルには注意が必要だろう。

MFスパチョーク・サーラチャートはスピードがあり、切れ味あるドリブルを見せる。浦和戦で出番が訪れるか分からないが、弟のFWスパナット・ムエンタは昨年、15歳9カ月22日というタイリーグ最年少得点記録を打ち立てた。やはりスピードを活かしたドリブルが武器で、右足のコントロールも優れている。昨年はAFC U-16選手権で10番を背負ったほか、同年に飛び級でAFC U-19選手権の代表にも選ばれ、ベスト8進出に貢献。将来を嘱望される選手の一人だ。

不安要素の一つは3バックの一角。今季、ブリーラムはオーストリアで長くプレーしていたフィリピン代表のDFステファン・パラーを獲得した。プレシーズンなどはパラーが左、そして元ベネズエラ代表のアンドレス・トゥネスが中央、タイ代表のDFパンサー・ヘムピブーンが右に回る3バックを構成しており、開幕戦もこの3人が先発した。

ブリーラムにはジュニオール、マイガのほか、元日本代表のMF細貝萌、ベトナム代表のMFルアン・スアン・チュオン、フィリピン代表のFWハビエル・パティーノが外国人選手として所属している。

タイリーグ1部では今季、外国人枠3、アジア人枠1に加えてアセアン国籍の選手は3人まで出場できる。チーム登録に至っては、アセアン国籍の選手は無制限に登録可能だ。そのため上記のメンバーでも問題ないのだが、AFCチャンピオンズリーグでは外国人枠3、アジア枠1の登録しか認められていない。そのため、ブリーラムはグループステージでは、外国人枠の4人にジュニオール、トゥネス、マイガ、チュオンを選んだ。

パラーの代わりに3バックの一角に入るのは、タイ人のDFチティパット・タングランと見られる。浦和として狙い目なのは、彼が受け持つサイドだろう。守備の安定感という点では、パンサー、トゥネスと比べると見劣りするのはいなめない。トゥネスも高さには強さを見せるものの、スピードが気がかりだ。

ただ、最後尾に控えるシワラック・テースーンヌーンはアジアカップでも好セーブを見せたタイ代表GK。シュートへの鋭い反応と安定したハイボール処理を誇り、浦和戦でのキープレイヤーの一人となりそうだ。

3月5日付のGoal.comタイ版によると、ブリーラムのオーナーであるネーウィン・チッドチョープ氏はタイ人選手の9人起用する旨を発言したという。3月のチャイナカップに向けたタイ代表候補30名にブリーラムはGKシワラック、DFパンサー、MFササラックら5人を送り込んでいる。タイからの唯一の本戦出場チームとして、彼らの思い切ったプレーが見たいところだ。

サッカーの最近記事

  1. ムアントンユナイテッド指揮官に尹晶煥前セレッソ監督が就任か!?

  2. タイリーグ3部シモークFCに協会が資格停止処分

  3. AFC U-23選手権予選、タイはベトナムに完敗

  4. タイ、ウルグアイに敗れチャイナカップを準優勝で終える

  5. チャイナカップに臨むタイ代表23名が決定

関連記事

PAGE TOP